アート&デザインで盃を交わすブログ
ブログデザイン変えてみました!!テンプレですがね・・
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ART-Meter
design news
絵画モデルバイト
RECOMMEND
「ペルソナ4」オリジナル・サウンドトラック
「ペルソナ4」オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック,平田志穂子,珠梨
<< EX-SURFACE / 拡張する界面 | アトランティコギャラリー | main | ぷらーん >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
「Recent Drawings」展 in アラタニウラノ
category: イベント・展覧会 | author: 貧弱デスマッチ
「Recent Drawings」展

東京メトロ有楽町線 新富町駅。 休日となるとなんとも穏やかなに時間が進む不思議な街。
今回紹介する展示はそんな新富町から徒歩1分の場所に城を構えるアラタニウラノにて「Recent Drawings」展です。
こちらの展示は2008年5月24日 〜 6月28日までとなっています。

駅からちょっと歩いた雑居ビルにギャラリーが存在しており、駅から近いにも関わらず、僕は辿り着くのに15分以上かかりました・・・。
事前に電話で場所を聞いておいた方が無難です。

今回の展示はアラタニウラノの所属アーティスト達の新作展とも呼べるものでした。その中で以前から注目していたアーティスト小西紀行氏をピックアップします。

一見した時から気になる被写体が無機的な表情でこちらを見ている描写、そして重力を感じる背景。

作:小西紀行

無邪気に「こっちにおいでよ。」と語ってるとも思えるが、何か一線、絶対的なバリアがあるようにも思えました。「こっちに来てもいいけど君は自分の居るべき場所へ帰るんでしょ?」

仲良くできそうで実は「仲良くする気もない」。作品から発する疎外感は改めて自分という存在の問いかけを促しているよようにも思えます。

作:小西紀行

この緊迫した世界は作品の人物たちの「眼や鼻や口」という部品を表現する色彩なのかもしれません。今後、どのような展開を見せてくれるのか楽しみなアーティストですね。

小西紀行氏の詳細はこちら





tsuka
comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
- | - | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://p-deathmatch.jugem.jp/trackback/37
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH